Cell Space Architects

山麓の家

浅間山山麓の古くからの別荘地に位置する2階建てのコンパクトな別荘です。
6.2m角の正方形平面が、1階と2階で45度ずれることにより、1階では隣家が視界に入ることなく緑を堪能、2階では浅間山、隣接する国有林の森に視線が抜けます。
2階はワンルームとなっていて、壁の中央にシンメトリーにあけた窓によって区切られた四隅に、
料理を作るスペース、
食事をするスペース、
火を楽しむスペース、
くつろぐスペース、性格の異なるコーナーをしつらえました。
出窓や、小さな三角のバルコニーへの窓の敷居を腰掛けや低いテーブルとして利用できるようにする等、ささやかな寸法上の工夫によって、より身近に外の自然を楽しむための仕掛けを施しました。
庭にはファイヤーピットをつくり、外で家族が団らんする場になっています。

Information

  • 所在地

    長野県軽井沢町

  • 主要用途

    別荘

  • 主体構造・規模

    木造 、地上2階

  • 敷地面積

    416.2m²

  • 設計期間

    2015年12月~2016年06月

  • 工事期間

    2016年07月~2017年04月