Cell Space Architects

揚羽の家

正方形平面の対角線上で空間を分節し、南北に逆勾配のバタフライのような屋根をかけています。
屋根の傾斜により特徴づけられる斜面に沿って上昇する空間と,
斜面に逆らい宙に向かう開放的な空間,二つの質の異なる場所ができました。
対角線上での屋根の切り替えによってできる天井の高さと平面的な幅の変化は、
空間の奥行きを増幅して、外の自然へ意識をつなげます。
同時に、一体的に繋がった空間の中に、
囲われ感のあるコージーな場、
天井が高く開放的な場など、多様な性格の空間ができました。

Information

  • 所在地

    長野県軽井沢町

  • 主要用途

    別荘

  • 主体構造・規模

    木造 一部鉄骨造、地上2階

  • 敷地面積

    1983.45m²

  • 設計期間

    2013年11月~2014年04月

  • 工事期間

    2014年05月~2015年01月