Cell Space Architects

窓辺の家

クライアントからの依頼は、
周囲の自然と調和した静かに安らぐことのできる空間をほしい、ということでした。
森の別荘の贅沢さは、窓辺で過ごす時間にあります。
春には、木々の芽吹きと鳥のさえずり、
夏の木漏れ日、
秋の鮮やかな紅葉、
冬には大きく浅間山の見晴らし。
四季折々の自然の移ろいに向けて、6mのベンチのある大きな窓や、大小様々な出窓をつくりました。
景色に寄り添うような居心地のよい窓辺での暮らしを提案しています。

Information

  • 所在地

    長野県軽井沢町

  • 主要用途

    別荘

  • 主体構造・規模

    木造 地上1階

  • 敷地面積

    1239.32m²

  • 設計期間

    2010年11月~2011年5月

  • 工事期間

    2011年6月~2011年12月